SIerの残業の多さに対する考え方

システムを構築及び導入して顧客にソリューションを提示するSIerで働くことはエンジニアの歩む典型的な道の一つである。システムの開発や構築などに関わるのはIT業界で働くのを目指してきた人にとって花形と捉えられていることが多く、その点で仕事をすること自体にやりがいを持っているエンジニアが多数だろう。

しかし、実際に働いていると不安を抱いてしまうことはよくある。残業が多いとは聞いていたものの、それが本当に当然のように起こっている状況に直面するからという人も少なくはない。連日、夜遅くまで仕事をする日々になっていると体力的にも精神的にも耐えかねてしまうときが訪れるのではないかと考えてしまうのである。

ただ、実際には仕事に対するやりがいを実感していてその点を気に留めていない人も多く、むしろ問題になるのはその後になってからのことだろう。残業が多いことが常識のようになってしまい、それが当たり前ではないのが世の中の実情という事実を忘れてしまうのが不安になる。

SIerから転職して他の企業で働こうとしたときに、特技が残業をしてもしっかりと働き続けられることだと話してしまう人すらいる。それが転職に際してマイナス評価になるとは思えず、一つの能力として評価されると期待してしまっているのである。そのような状況を生み出してしまうSIerの現状を知り、常習化した残業から抜け出す方法を模索した転職活動が望ましい。