忙殺されるほどに残業が多いSIer

IT業界で働くエンジニアはどのような職場にいても仕事が忙しくなりがちである。その中でも特に残業が多いことで有名なのがSIerであり、その過酷さから若くて体力が充実しているうちでなければ働けないとすら言われることも稀ではない。その忙しさにも特徴があり、仕事の量にそれほど大きな波がなくて常に忙殺される現場が多数を占めている。

確かに納期が近づくと忙しさに拍車がかかるのは確かだが、そうでない時期であっても定時に帰宅できるという現場はほとんど皆無に等しい。これはクライアントを第一に考えてソリューションを提案するという立場にあるからこその実態と言えるだろう。大小の企業がSIerとして活躍しているため、クライアント側は依頼先を選べる状況にある。そのため、いかにより良いシステムを提案して早期に導入できるかが大きな課題となる。

相見積もりをしているクライアントもあるため、提案までのスピードも重要であり、そのスピードで負けたがために他のSIerに仕事を持っていかれてしまうこともある。そのため、クライアントの候補を獲得できたら日夜を惜しんで働かなければならない状況に陥りやすいのである。

結果として残業が多い現場となり、むしろ当然のように行っている場合がほとんどだろう。エンジニアとしてのスキルを伸ばすトレーニング期間だと考えたり、仕事自体が楽しくて前向きに取り組んでいたりするエンジニアが多く、忙しさが苦になっていない場合が多いのも実情である。